皆様が元気で良い生活をしていくためのサポートをしていくのが私たちの仕事です。 早期発見、早期治療、そして定期健診、生活改善によってお口の健康は保つことが出来ます。一生を笑顔で過ごすために、私たちに何でもご相談ください。


列歯矯正 インプラント インプラント 小児歯科 お問い合わせ
診療案内

午前8時30分~12時30分

午後2時30分~7時00分

※受付は30分前終了

休診日

日曜日、祝日

土曜日午後

※歯列矯正、インプラント手術などの特殊な診療をする場合があります。

木曜日

※週内に祝日がある時などは通常通り診療することがあります。

予約制

初めての方も予約をお願いいたします

※急患はいつでも受付いたします。


クレジットカードを取り扱っております。

小児歯科とは

小児歯科はむし歯を治療することはもちろん、大切なお子様の歯の健康を守る役割があります。
当院ではむし歯がない時から通っていただき、保護者の方と一緒に健康的で丈夫な歯を育てていくサポートをしたいと考えています。
大切なお子様の将来のために、小児歯科治療でしっかりとお子様の歯を守ってあげましょう。


乳幼児期

歯が生えてきたら歯磨きのスタートです。
この時期の歯磨きは保護者磨きがメインです。
歯ブラシの慣らし方や寝かせて磨くコツ、むし歯になりにくい間食の摂り方などをお教えします。


幼児期~

3歳半からは乳歯が生えそろったり顎が大きくなって口の中の変化が激しい大切な時期です。
凸凹した磨きにくいところは仕上げ磨きをしてあげましょう。
自分で上手に磨けるように歯医者で学んで習慣を作りましょう。


学童期~

小学1~2年生頃になると永久歯が生えてきます。永久歯はこれから一生使用する大切な歯です。
歯磨きの不十分なところは鏡をみて確認しながら仕上げにみがいてあげましょう。


6才臼歯

6歳臼歯は永久歯の中で最も早く6歳頃に生えてくる第一大臼歯のことをいいます。
6歳臼歯は上下の歯の噛み合わせを決定するため正しい位置に生えてこないと、次に生えてくる歯の歯並び、顔の形、噛み合わせに悪い影響をおよぼします。
また、一番奥の乳歯のさらに奥に生えてくるため歯ブラシが届きにくく、むし歯になり易い箇所でもあります。
永久歯が生え始めたら歯医者で検診をすることをお勧めします。


子どもの歯を守るためには・・・・

歯磨き

当院では一人ひとりのお口の状態に合った歯ブラシ、歯磨きのご提案をしております。
ぜひ良い習慣を作るためにお気軽にご相談ください。


歯を削ることなく予防できるシーラント

奥歯の噛む面にある溝は汚れが溜まり易く歯磨きがしにくいため、むし歯になりやすい箇所です。
この奥歯の溝を削らずそのままシールをしてむし歯を予防する方法がシーラントです。
ただし、シーラントをしたからといって必ずむし歯にならないというわけではありません。



むし歯に強い歯をつくるフッ化物

フッ素は歯を強くする役割があり、抵抗力の弱い乳歯などをむし歯から守る薬剤です。
初期のむし歯を修復する効果や歯垢の中にあるむし歯菌の働きを抑える効果もあるので、幼児期のむし歯予防には効果的です。
フッ素入り歯磨き粉やフッ素のうがい薬などがありますが、歯医者によるフッ素塗布はフッ素の濃度が違うため、より効果的です。